FC2ブログ

カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム5回目(最終回)講座 「幸せな選択に向けて4~私の大切なものを知る」開催しました!

2019/01/31 20:00 

平成31年1月19日(土)
男女共同参画センター横浜との協働事業
カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム5回目(最終回)
講座 「幸せな選択に向けて4~私の大切なものを知る」
開催しました。



今回は
「死」を意識することで自分と向き合い
自分にとって「ほんとうに大切なもの」を感じ
どう生きるかにつなげていく
「死の生のワークショップ」を行いました。



ご参加された方の声から

◆今日のワークを体験し、自分と向き合うことを普段していないなと強く感じました。
自分で自分をわかっていない部分を少しずつ気づかせて頂いている気持ちです。
まわりの方の感想でもひとつひと気づくことが多く、心に響きました。

◆自分を大切にしていないのは、ちゃんと自分と向き合っていないのでは、ということに気づきました。
これからの生き方のヒントになると思いました。ありがとうございました。

◆有意義な時間になりました。ありがとうございました。

◆終ってみて、心の整理ができた気がします。ありがとうございました。

◆本日の死を意識したワークショップ、とても考えさせられました。
一番たいせつなものが、やはりアダルトチルドレン的なのでしょうか、「人」になりました。
これを大切にしていってよいのか・・・。アダルトチルドレンのままで良いのか、今すごく考えて自分と葛藤中です。
これから時間はかかりそうですが、ゆっくり考えていきます。
アダルトチルドレンからの回復が課題であろうと思われるカサンドラも少なくないと考えております。今後、アダルトチルドレンに関するセミナーの開催も計画しています。(講師 真行結子)

◆死に対する恐怖体験は大変リアルでした
。生きている限りはやるべきことがあると前向きにとらえていこうと思いました。
カサンドラとの関係性が今回はあまりわかりにくかったですが、自分にとって大切なものは何かを再認識する目的なのかと理解しています。
今回、直接的にはカサンドラについて触れませんでしたが、「自分の大切なもの」「自分の価値観」「自分の人生や己への向き合い方」への気づきはカサンドラからの回復のキーポイントだと考えております。(講師 真行結子) 

◆ストーリーに自分を置き換えた時、とても悲しくつらい思いの体験でした。
自分の中で整理しゆっくり今後に生かしていきたい。
このワークショップを体験し、死を意識することで「切に生きる人生」へゆっくりとシフトされている方々がいらっしゃいます。(講師 真行結子) 


講座全般に関するご感想

◆本当にためになる学びをありがとうございました。
離婚の回だけ都合で欠席しましたが、4回の出席で深く腑に落ちました。
「自分の人生を自分のやりたいことにしっかりと焦点を当てて生きる」ことを実践します!
5回のうち4回のご参加をどうもありがとうございます。講座がお役に立てたならとても嬉しく思います。
講座は今後も実施いたしますので、ご都合つかず御欠席された回がありましたらお申し込みくださいませ。(講師 真行結子)


◆カサンドラの概念からワークショップまで多岐にわたりとても充実した講座でした。
フルリールに参加してから「自分だけではない」と孤独感から解放され、この講座に参加して更に一歩進んだ自分になれたような気がします。
状況(夫)が改善されなくても、変わらなくても、私の「心」が変わったのだと思います。
「自分軸で生きること」「自分を大切にすること」「私らしく生きること」にカサンドラは気づかせてくれたのかもしれません。
このカサンドラギフトを大切にしてさらに自分をまず大切にできる生き方をしていきたいです。


1人でも多くのカサンドラがフルリールにつながり、
「ご自身を大切にする人生」への一歩を踏み出すことを願って、
フルリールでは今後も
★フルリールカフェでの「わかちあいの時間」
★講座などの「学びの時間」
★「カウンセリング」
のメニューを提供いたします。
 
 


スポンサーサイト



テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリール「カサンドラ理解と回復」講座報告 | Top ▲

 | Blog Top |