生きるために死を体験しませんか?

2016/10/10 15:00 

定員に達しました(10月12日) 

第3回フルリールレッスン
〜本当のたいせつな物を感じるワークショップ



あなたは幸せですか?



幸せの価値観はひとそれぞれ。
ただし核となるものは
自分が「ほんとうに大切なもの」を「大切にしているか」



あなたにとってほんとうに大切なものは?



カサンドラ症候群に陥る方は愛情深く頑張り屋の傾向があると感じます。
自分よりも他者を優先し生きている。
自分の気持ちに蓋をして生きている。
そのような方が多いと感じます。
(かつてのわたくしもそうでした。)



その結果、
「自分にとってほんとうに大切なもの」
そのことが感じられなくなっていく。



パートナーとの関係性をどうしていくのか?
自分にとって幸せな人生とは?
分岐点に立ち、どの道に進むのか迷っているあなた。
自分の気持ちがわからなくなっているあなた。



第3回フルリールレッスンは
病にかかり、やがていのちを終えていく物語を疑似体験する「死と生のワークショップ」

yjimage[3]

あなたにとって「生と死」とは何か?
あなたにとって「ほんとうに大切なものは何か?」
ワークショップを通じて体感してみませんか?



「死と生のワークショップ」は
ほんとうの自分と向き合う大切な時間にもなるのです。
そして、
死について考えることは、どう生きるかにつながってくるのです。



「死と生のワークショップ」は
「ホスピス緩和ケア」を地域の中で提供することを目的とした
在宅療養支援診療所「ケアタウン小平クリニック」院長 山崎章郎医師が
武蔵野美術大学の特任教授として行った「死の体験旅行」というワークショップをベースにしております。



ご参加された方々からは
◇自分が本当に大事にしているものを感じた
◇最後には温かく優しい気持ちに満たされた
◇生きる力を取り戻した
などの感想が寄せられています。



あなたの人生は一度きり。
あなたらしい笑顔で幸せになりませんか。



◆日時 11月12日(土)
14時00分から16時00分 受付13時45分~
※ワークショップの性質上、10分以上遅れますと入場不可となります。予めご了承下さい。

◆定員 8名
※持ち物:筆記用具

◆会場 
港勤労福祉会館
※JR山手線・京浜東北線 田町駅下車徒歩5分
 ※都営地下鉄浅草線 三田駅A7出口徒歩1分
 ※都営地下鉄三田線 三田駅A8出口徒歩1分
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/shokokaikan/kinrofukushi/01.html

◆ファシリテーター
真行結子/「フルリール」代表

◆参加費
フルリールクラブ会員 3000円
一般 3500円
※活動を充実させるための資金に充てさせていただきます。

◆◆お申し込み、お問合せは
件名「11月12日第3回レッスン申込」として
1ハンドル(ニック)ネーム
2メールアドレス
3電話番号(中止等の緊急時連絡用ですのでお知らせください。)
をご記入の上お申し込みください。

◆◆お申し込みいただける方
☆発達障害(アスペルガー症候群・ADHDなど(診断・未診断を問いません))のパートナーを持つ方
☆パートナーとの関係に違和感をお持ちの方、お悩みの方
☆結婚されていなくても(事実婚、同棲中、恋人関係など)ご参加いただけます。
☆親兄弟との関係に悩まれている方もご一報ください。
☆男性の方もお気軽にご参加ください。
☆取材、研究、営業目的の方はご参加いただけません。
取材を希望される場合はその旨別途ご依頼ください。
☆あわせて、以下をお読みください。
安全で安心そしてあたたかい場の提供のために参加ルールを設けております。
お読みくださり同意いただける方のみお申し込みください。
◎参加にあたって守っていただきたいこと
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-category-3.html

◆◆必要な方はお飲物をお持ちください。

◆◆申込専用アドレス
「フルリール事務局」fleurir.since2014@gmail.com
☆メールでお返事を差し上げます。
フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで3日間ほどお時間を要することをご了解ください。

あなたのほんとうに大切なもの。
あなたの中にある幸せへの扉を開ける「鍵」に出会う2時間が
あなたを待っています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールレッスン | Top ▲

 | Blog Top |