スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

第6回フルリールカレッジは上野千鶴子先生をお招きします!

2016/05/30 23:00 

満員御礼!(6月30日)
キャンセル待ちご希望の方は
件名「【キャンセル待ち】7月16日カレッジ」としてメールにてお申込みください。
 


残席僅少となりました!(6月25日) 

★受付開始日★
フルリールクラブ会員 5月24日(火)9時から
一般 6月1日(水)9時から


「いっしょにいるけれども、ひとり」
そんな感覚を抱くパートナーとの関係に悩んでいませんか?
パートナーとの老後を含めた将来に迷いはありませんか?

カサンドラ症候群を
医学的、心理学的な面のみから捉えていても十分ではなく
社会制度やジェンダー、
そして、自分が主体となる人生を歩むという視点が不可欠であると常々考えておりました。

そこで、第6回フルリールカレッジでは
わたくし真行結子(モモ)が大ファンである
「みんな「おひとりさま」」等の著者であり著名な社会学者の上野千鶴子先生を講師にお迎えし

上野写真(清水梅子撮影)サイト用

いっしょにいてもおひとりさま
上野千鶴子先生と語ろう!
発達障害?かもしれないパートナーとのこれから


と題し
☆「いっしょにいるけれども、ひとり」の現実にどのように向き合うのか
☆「発達障害(未診断も含む)パートナーとのこれから」をどのように選択するのか
などについて、真行結子とざっくばらんに語っていただきます。
お悩み相談&質問タイムもあり!
これからの生き方のヒントを探しに来ませんか?
男性の参加も大歓迎です!

◆日時
平成28年7月16日(土) 14時から16時
(開場13:30)

◆会場
横浜情報文化センター 6階 情文ホール
・みなとみらい線日本大通り駅3番出口徒歩0分
・JR関内駅南口徒歩10分
・市営地下鉄関内駅1番出口徒歩10分

◆定員
150人(ご入金が確認できた方からの先着順)
・発達障害(診断・未診断を問いません)のパートナーをお持ちの方
・今回の講演テーマに関心をお持ちの方

◆プログラム
第1部「みんなおひとりさま?」 
〜上野千鶴子先生×真行結子(フルリール代表)トーク対談
第2部「先生!私たちカサンドラ妻!悩んでいます!」
〜参加者からのお悩み相談&質問タイム 

◆上野千鶴子氏プロフィール  
■1948年富山県生まれ 社会学者
東京大学名誉教授・立命館大学特別招聘教授・ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長
専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり。近年は福祉・介護の分野でも提言を行い、学術研究にとどまらず、市民運動にも主導的に関わる。
■著書:『おひとりさまの最期』(朝日新聞出版)、『おひとりさまの老後』『男おひとりさま道』(法研)、『ひとりの午後に』(NHK出版)、『女は後半からがおもしろい』(坂東眞理子氏と共著、潮出版)ほか多数。

◆受講料
一般 1500円
フルリールクラブ会員 1000円 
※受講料のうち100円を熊本震災復興支援財団に寄付します。

◆お申し込み方法
件名「7月16日フルリールカレッジ申込」として(会員の方は【会員】とお書き添えください)
1お名前(ハンドル(ニック)ネーム可)
※お申し込み名が振込依頼主名と相違する場合は両方
2メールアドレス
3電話番号(中止等の緊急時連絡用に使用します)
をご記入の上お申し込みください。
※個人情報は受講連絡及び入金確認として使わせていただきます。

★受付開始日★
フルリールクラブ会員 5月24日(火)9時から
一般 6月1日(水)9時から

◆申込専用アドレス
「フルリール事務局」 fleurir.since2014@gmail.com

◆当会から受講可能・入金先のご案内が届いた方は3日以内(金融機関休業日を除く)に受講料をお振込みください。  
※欠席されても受講料は返金いたしません。

◆受講料のお振込みが確認できましたら受講決定のメールを差し上げます。
☆フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで3日間ほどお時間を要することをご了解ください。

◆お返事を差し上げた際、エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。
「fleurir.since2014@gmail.com 」からのメールが受信できるよう設定していただければと存じます。

◆後援
神奈川県社会福祉協議会

★「フルリール」は発達障害(アスペルガー症候群・ADHDなど)のパートナーを持つ方々へ
「癒し」「回復」「学び」の場を提供しています★

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールカレッジ | Top ▲

東京江戸川区船堀☆ワークショップのご案内

2016/05/29 09:04 

フルリール会員のゆいさんから地元千葉で「わかちあいの場」を持ちたいとご相談がありました。
昨年秋からサポートをさせていただいておりましたが、ゆいさんおひとりでも大丈夫!
6月からはゆいさんが行うことになりました。
千葉の「わかちあいの場」誕生、おめでとうございます!



ゆいさんの「わかちあいの場」は2種類
「傾聴編」と「グループ編」
※詳しくはゆいさんのブログをご覧ください。



「傾聴編」はフルリールでいう「カフェ」
「グループ編」は私が行っている「グループカウンセリング」や「心と身体を大切にするワーク」
に近いイメージです。



「傾聴編」は6月からゆいさんが実施されます。
「グループ編」はゆいさんからご依頼があり、わたくしのほうでファシリテータを担当させていただきます。



フルリール会員の皆様から「グループカウンセリング」や「ワーク」開催のリクエストを頂いておりますが、第6回フルリールカレッジの準備もあり開催は秋以降となる予定です。

「カウンセリング」は個別にお問い合わせ頂いた方にご案内しておりますが、現在6月、7月は枠が埋まっております。
(空き状況が明示され、予約が簡便にできる形のカウンセリングサイトを現在作成中です。)



ゆいさんが7月に「グループ編」を開催します。
ご関心がある方、是非ご参加ください。

以下ゆいさんからのご案内です。

towerholl.jpg

☆第6回「話す」「聴く」ワークショップ(グループ編)☆

自分の中にある答えに一歩近づくためのワークショップを開催いたします。

○進行方法○
お一人ずつの時間をとります。
・相談者さまに、相談内容の要点を2分以内にまとめ話して頂きます。
・その後に、参加者からの質問に答えていきます。(答えたくない質問
 には遠慮なくパスができます)
・最後のほうで参加者からの気づきをもらいます。
・ワークした中での自分の気持ちを確認します。

今回のワークショップは、
・参加者からの質問や気づきを受ける姿勢をお持ちの方。
・ルールに基づき、相談者へ質問したり気づきを伝えられる方。
・人からの関わりを得ることで自分自身を緩めたい方。
を対象にしております。

人からの関わりの中で自分の気持ちを探っていきたい方、人の話に寄り添う姿勢のある方、ご参加お待ちしております。

◆日時 
H28 7月2日(土) 13時15分~16時15分
受付 13時00分~

◆場所 
タワーホール船堀  (都営新宿線 船堀駅から徒歩1分)
4F 405会議室
http://www.towerhall.jp

◆ファシリテーター(司会・進行)
「フルリール」代表 真行結子さん(モモさん)

◆お申し込み頂ける方
夫(パートナー)との関係で困っている方、迷っている方
発達障害の夫(パートナー)を持つ方(診断、未診断を問いません)
*女性限定とさせて頂きます

◆募集定員
3名 
*大人のみ
(保育のご用意ができず、大変申し訳ありませんがお子様連れはご遠慮させてもらっております)

◆参加費
1,500円 
*当日受付時にお支払いください

◆お申し込み・問い合わせ先
tell.listen.space@gmail.com(主催者「ゆい」のメールアドレス)

お申し込みの方は、
件名を「7/2船堀ワークショップ申し込み」として
○ハンドル(ニック)ネーム
○メールアドレス 
○当日連絡がつきやすい電話番号
をご記入の上、お申し込みください。
折り返し、ゆいからメールにて連絡を差し上げます。

*問い合わせのみの場合は、電話番号の記入の必要はございません
*パソコンでメール確認させてもらっておりますので、お返事に少し時間がかかる場合もございます。ご了承ください。

○ 主催者ゆいからのメッセージ ○

5/21に行われた4回目の傾聴編に参加して頂いた皆さま、ありがとうございました。
皆さまと実になる場を共有できうれしかったです。

5回目の傾聴編は6/14(火)に行います。(ちなみにこちらはすでに定員に達しております。次回は7月末頃の予定です)

今までモモさんにすべてのワークショップにてファシリテーターをして頂いておりましたが、モモさんのご都合も考えこれからはモモさんにはグループ編で協力して頂くことにし、傾聴編は私がファシリテーターを行う事にいたしました。
緊張もありますが、精いっぱいやらせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

それに伴い6月分以降は、グループ編は今まで通りフルリールのブログにて、傾聴編はモモさん個人のブログ「カサンドラ症候群から再生した「フルリール」代表 真行結子のブログ」にて、モモさんに告知のご協力を頂いております。

今回のお知らせ6回目のグループ編は、今まで通りにモモさんにファシリテーターのご協力をして頂きます。

人からの関わりの中で自分の気持ちを探っていきたい方、人の話に寄り添う姿勢をお持ちの方、ご参加お待ちしております。

*ゆいのワークショップブログを開設しました。
http://ameblo.jp/tell-listen
定員に達した時やキャンセルが出て再募集する時のお知らせはゆいのブログにて表示いたしますので、お手数ですがブログにてご確認ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

情報 | Top ▲

6月フルリールカフェ☆オープンDAY

2016/05/21 00:32 

会員の方は5月23日(月)9時から受付開始します。
一般の方は5月25日(水)9時から受付開始します。

発達障害(かもしれない)パートナーとの関係に悩んでいるあなた
誰にもわかってもらえないために
疲れているあなた

もしかして私はカサンドラ症候群?と感じているあなた

これから歩んでいく道を決めかねているあなた

「フルリールカフェ」は
安心して思いを打ち明けられる場所
思いを否定されずわかちあえる場所
情報と経験と智恵の交流の場所

安心で安全なあたたかいひととききを
「フルリールカフェ」で過ごしませんか?

21156516_220x146.jpg

◆グレイスカフェ(シニア世代向けのカフェ)
◇6月7日(火) 定員に達しました。
10時から12時 受付9時45分~
◇定員 10名
◇会場
とつか区民活動センター
※JR東戸塚駅徒歩3分
http://totsuka-kumin-center.jp/
・原則的に60歳以の方がご参加いただけますが、シニア世代のお話しをお聴きになりたい方もご参加可能とします。
・グレイスカフェスタッフ(フォレ、うさこ)が担当します。
◇今後の開催予定◇7月以降の受付は開始しておりません!
7月5日(火) 8月2日(火)

◆ママカフェ(お子様連れOKのカフェ)
◇6月9日(木) 定員に達しました。
10時から12時 受付9時45分~
◇定員 10名
◇会場
かながわ県民センター
※横浜駅徒歩5分
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html
・お子さん連れOKのカフェ
(お申し込みの際、お連れになるお子さんの人数と年齢をお知らせください)
・お子さんがいらっしゃらない方、お連れでない方でもご参加いただけます。
・ママカフェスタッフ(こまち、かおりん2、おかん)が担当します。
◇その後の開催予定◇7月以降の受付は開始しておりません!
7月14日(木)

◆大人カフェ東京 定員に達しました。キャンセル待ち受け付けております。
◇6月11日(土)
13時30分から16時30分 受付13時15分~
◇内容
第1部 思いや悩みを語っていただく傾聴タイム
第2部 決められたテーマに関する体験談のシェア、情報交換
※6月のテーマは「DV・モラハラ」です。
◇ご参加いただける方
☆第2部については記録(録音・筆記)させていただき、将来的に個人は特定されない形での体験集としてまとめる予定です。
その旨を了解していただける方
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-103.html
☆今回のテーマについてご自身の体験をお持ちの方
☆取材、営業目的の方はご参加いただけません。取材を希望される場合はその旨別途ご依頼ください。
◇定員 15名
・大人の参加のみ
・代表 真行結子が担当します。
◇会場
港勤労福祉会館
※三田駅徒歩1分
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/shokokaikan/kinrofukushi/01.html

◆大人カフェ横浜
◇6月はお休みします。
◇今後の開催予定◇7月以降の受付は開始しておりません!
7月30日(土) 

◆お申し込み、お問合せは
件名「6月○日▲▲カフェ申込」として(初めてご参加の方は【初参加】とお書き添えください。)
1ハンドル(ニック)ネーム
2メールアドレス
3電話番号(中止等の緊急時連絡用ですのでなるべくお知らせください。)
(ママカフェお申し込みの方)
4お連れになるお子様の人数と年齢
をご記入の上お申し込みください。

◆お申し込みいただける方
☆発達障害(アスペルガー症候群・ADHDなど(診断・未診断を問いません))のパートナーを持つ方
☆パートナーとの関係に違和感をお持ちの方、お悩みの方
☆結婚されていなくても(事実婚、同棲中、恋人関係など)ご参加いただけます。
☆親兄弟との関係に悩まれている方もご一報ください。
☆男性の方もお気軽にご相談ください。
☆取材、営業目的の方はご参加いただけません。
取材を希望される場合はその旨別途ご依頼ください。
☆安全で安心そしてあたたかい場の提供のために参加ルールを設けております。
お読みくださり同意いただける方のみお申し込みくださいね(^^)
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

◆参加費  500円
※活動を充実させるための資金に充てさせていただきます。
※お気持ちによる寄附も承っております。
※当日お支払いください。

◆必要な方はお飲物や軽食をお持ちください。

◆申込専用アドレス
「フルリール事務局」fleurir.since2014@gmail.com
☆メールでお返事を差し上げます。
フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで3日間ほどお時間を要することをご了解ください。

◆お返事を差し上げた際、エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。
「fleurir.since2014@gmail.com 」からのメールが受信できるよう設定していただければと存じます。

◆当日はハンドル(ニック)ネームで受付いたします。

◆真行結子そしてスタッフが笑顔でお待ちしております。
会場でお会いしましょう!

◆カフェ仙台 6月25日(土)開催します!
http://fleusendai.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールカフェ開催情報 | Top ▲

第5回フルリールカレッジ「大人の発達障害の診断方法とその関わり方」報告

2016/05/07 16:16 

5月1日に開催された第5回フルリールカレッジ
ハートクリニック横浜 院長 柏 敦先生を講師にお迎えして
「大人の発達障害の診断方法とその関わり方」をテーマに
ご講演いただきました。

016d0f7ee1f7c9c75166f7854e146c974cf1ec6033.jpg

柏先生は、ところどころにユーモアを交え
わかりやすく解説してくださいました。



当日は当初の定員100名をはるかに超えた
195名の方がご参加くださいました。



お約束どおりおひとりさまの受講料のうち100円。
195名分19500円を
東日本大震災復興支援財団に寄附いたしました。
領収書が届きましたらあらためてご報告させていただきます。



カサンドラ症候群にお悩みの方のほか
発達障害当事者の方
また、カップルでご参加の方もいらっしゃいました。



ご参加者様の声を一部紹介いたします。

・柏先生のお話しがわかりやすい、ヒントになった
・発達障害への理解が深まり、夫理解にもつながった
・対応の参考になった
・こころの持ち方の参考になった
・遠方からだったが参加して本当に良かった
・もっと早くこのような講演会に参加できていたら人生変わっていたと思う
・あたたかい講演会だった
・「翻訳者」という視点が参考になった

発達障害者と定型発達者とは見え方や捉え方違うため
定型側が一緒に特性をみつめ「翻訳者」としての役割を果たすこと。
そのようなお話しも先生からありました。

・事前質問にすべて答えてくれたことが良かった
・会場質問にも丁寧に答えてくれて良かった

今回も参加者様から事前の質問を受け付けましたが
柏先生はそのすべてにお答えくださいました。
また、時間を延長して会場からの質問にも対応してくださいました。

・これだけ頑張っているのだからもうこれ以上「翻訳者」はきつい
・夫への具体的対応策をもっと話してもらいたかった

これ以上「翻訳者」はきつい・・・そのお気持ち、痛いほどわかります。
皆さん、既に頑張っていらっしゃる。
重いものを担ってらっしゃる。

具体的対応策をお知りになりたいお気持ちもわかります。
神奈川県発達障害支援センターの心理士を講師に迎えた
第3回フルリールカレッジでも同様なご意見がありましたが
対応策と言っても、ケースひとつひとつに個別性が高く
簡単には導き出せないという心理士の方のお話しがありました。

カサンドラの方々が置かれている状況が厳しいものだと
自分の体験を含めあらためて感じた次第です。

・夫と離婚を含め距離を置いて良いのだと思えてほっとした

そうですとも。
距離を置くこと=悪いこと
と捉えている方が少なくない。
かつての私もそうでした。
「距離を置きたい」と感じるご自身のお気持ちは尊重しましょうよ。
自分のお気持ちを大切にするところから
カサンドラの回復が始まります。

・ADHDの話しが聞きたかった

柏先生はアスペルガーについて丁寧にご解説されたいとの思いがあったようで
講演の最初に、ADHDについては時間が足りないため今回はお話しする時間がない旨お断りがありました。

こちらにつきましては
第2弾としてADHDに特化したお話しをいただくよう
柏先生とお約束いたしましたので
今後、フルリールカレッジとして開催する予定です。



ご参加くださった皆さま
おつかれさまでした。
そして、ありがとうございました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールカレッジ | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。