☆書籍紹介☆「旦那さんはアスペルガー」シリーズ

2014/09/16 00:00 

既にお読みの方もいらっしゃると思います。
「旦那さんはアスペルガー」シリーズ
著者は漫画家野波ツナさんです。


ツナさん本1

現在4巻まで発行されています

ツナさん本2

ツナさん本3

ツナさん本2

ツナさん家族の歴史
そして
アスペルガーの夫を持つツナさんが
多くの苦難・葛藤を経て
「ご自身の意思」で人生を選択する力強さを得た
道のりが描かれていると私は感じている。



この本を読むことで
勇気をいただける方も多いのではないかとも思う。



「自己決定」
これはとてもたいせつなこと。
自分の人生の主人公は「自分」なのだから。



でも…
心が
疲れている時
弱っている時は
自己決定するだけのエネルギーが心身に満ちていない。



だからこそ
そんな時は
人の手を借りよう。



自分だけで抱えないこと。



「フルリール@かながわ」は
そんなあなたのお力になりたいとの思いでおります。



ツナさんの本
アスペルガーの父親を持つ
二人のお子さんの母親としての視点からの
エピソードも描かれています。



監修の宮尾益知医師による
専門家の立場からのコラムもわかりやすい。



フルリールカフェにご参加のみなさまには
参考図書としてお持ちしますね!


☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

書籍案内 | Top ▲

タイトルに「カサンドラ症候群」!早速読みました!

2014/08/28 23:50 

昨日発売された本
「マンガでわかるアスペルガー症候群&カサンドラ愛情剥奪症候群」

無題

早速、読む。



著者は西城サラヨさん。
ご自身のカサンドラ症候群体験記である。



パートナーは受け身型のアスペルガー
(離婚されて6年以上経つとのこと)



直面した11の事例が挙げられていて
事例ごとに、夫、妻のそれぞれの気持ちが書かれている。
そして
夫の取った行動がアスペルガーのどのような特性に起因しているのかの解説がある。



そのほかに
・ 大人のアスペルガー症候群とカサンドラ症候群について
・ アスペルガー症候群(受け身型)の良いところ
についての記載も。



「マンガでわかる」とあるが文章部分が圧倒的に多い。
しかし平易な言葉で書かれているのでわかりやすい。



私の夫も受け身型なので
「まさしく!そうそう!これこれ!」と
ひとり盛り上がる。



この本にも、類する他の書籍にも書かれていることだが
①アスペルガーであるという本人の認識
②その特性へのパートナーの理解
③お互いが向き合い歩んでいく姿勢
があれば二人の関係は良いものになっていく可能性がある。



しかし①③の部分が欠けているケースが多いのではなかろうか?
私の夫然り。



ゆえに多くの方が悩み
「カサンドラ」に陥っていく。



「Be!」「週刊朝日」に続き
「カサンドラ」の名が取り上げられるようになってきている。



アスペルガー症候群と
カサンドラ症候群への理解が
また一歩進むと信じたい。

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

書籍案内 | Top ▲

 | Blog Top |