FC2ブログ

9/14「カサンドラ症候群~理解と回復のための講座」塾された方の感想

2019/10/11 17:36 

「カサンドラ症候群~理解と回復のための講座」
◆第3回◆事例編「カサンドラ症候群からの回復事例Ⅱ離婚編」
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-214.html



ご受講された皆さんの感想です。

今回も真行さんの生き方の姿勢も含めた様々な事例のお話をありがとうございました。
全ケースの方々の不安、葛藤、恐怖、心身の不調からの回復の道のりをうかがい、自分を大切に輝きはじめた現状を知り、決意をもって行動することの大切さを知った気持ちです。
そしてそれは強さやパワーだけではなく、自らを愛する事で周囲の状況や方々にも波及して行くのではと感じました。
60才を過ぎた離婚を経験された方が、「思い込みは選択の幅をせばめる」とメッセージされたことを伺い、自分の中にもそういった気持ちを持っていないかどうかを含め、自分を見つめなおしたいと考えています。

★なかなか真行さん自身のお話しを聞くことができず(都合がつかず)、又企画してほしいと思います。
すばらしい方と思っております。がんばってください!

★第2回、今回の第3回講座とも、昨年参加したくても定員に達していて参加できなかった講座でした。
どちらの回もその方達のケースとはいえ、やはり大切なことは「自分がどうありたいか、どう生きたいか、自分の人生を自分のために生きる」ということだととてもよくわかりました。
私はまだまだ迷ってばかりで気付くと夫やまわりの人間にふりまわされ、疲れています。
私も自分軸をしっかり持てるようになりたいととても強く思いました。
いつもいつもありがとうございます。

★今回で3回目の受講でした。この回が一番興味深かったです。 最後のカサンドラの方からのエールのようなメッセージでまさかの涙…。
もう元気になってきたと思っていた自分がまだうわべだけの明るさで生きているなと自覚しました。
傷は思っている以上に深いみたいです。
私も離婚したい。幸せになるため、中学・高校の息子たち、主人、みんなが幸せになる離婚を目ざして頑張って努力し、準備し、勉強します。
ありがとうございました!

今日は後押ししてくれた気分になれました。
いつもありがとうございます。
本当の自分になれるように日々見つめて進化していきたいと思います。

★今日の講座でご紹介くださったケース1~3を知り、気持ちがラクになる気がしています。

離婚に際し活用した社会資源を紹介して下さり、とても知りたかった点なのでためになりました。 
すべてのお話が興味深く、初めて参加しましたが、もっと早くフルリールを知っていたら・・・と強く思いました。


★今どうしていいのかわからない状況の中、先のことを想像すると不安でいっぱいで何か行動しなければ何も変わらないと思い、しかしどう行動すればいいのかわからないのでお話を聞きにまいりました。
いろいろなお話を聞けてとてもよかったと思います。 

今まで聞けたことがなかった生の話を詳しくお聞きできてためになりました。 
次回以降の講座は来られないので、またカフェなどに参加させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

活用した社会資源が書いてあってよかったです。 
自分が渦中にいると一体何から手をつけて、どこに何をきいて、どう動いていけば良いのか、ということにまで思考回路がまわりません。
今すぐに離婚を考えてはいませんが、そうしたいと思った時にあせったりする事のないよう情報を集めておきたいです。

★私も3人目の方のようにアダルトチルドレンで2人目の方のように夫とは共依存になってしまっていると自覚しています。
どう回復し、将来をどう考えるのかとても参考になりました。 
ありがとうございました。

★自分のこれからを決める時期にいるので、ご紹介していただいたケースや講座でうかがった話をもとに、自分事として考えたいと思います。

★フルリールやこの講座に出会ってから常に回復のことを考えてきましたが今回もキーワードになるお話を事例をとおしてたくさん聞くことができました。
改めて、「自分の納得のいく選択をしている心身の状態が健やかである」ことを再確認できて、とてもよかったです。
「人って変われるんだな。別人みたい」「今までは自分の人生じゃなかった」「思い込みが選択肢をちぢめる」「お母さんを赦すよりも自分を先に癒した方がよい」「あと20年間私は笑顔で生きる」などなどたくさん励ましのメッセージがありました。
最後に体験者からのメッセージやゲシュタルトの祈りを聞いたときは涙ぐみそうなくらい感動しました。 ありがとうございました。

★現在別居して8年近く、60才で決断したが今日の講座をおききして、当然、なるべくしてそうなった、間違っていなかったと少し強い気持ちになりました。ありがとうございました。

時間を超えてまでたくさん伝えてくださってありがとうございました。 

★今回もありがとうございました。毎回の講座が参考になりました。
最後の(3人の方以外)メッセージはジンときました。
まだ自分のことを分かっておらず、混乱しています。
何とかしたいと毎日焦っています(51才)。

★今は離婚を考えてはいませんが、今まで何度もよぎりました。
いつかはしてもいいし、しなくてもいい、離婚ということにとらわれず自分の幸せを自分でみつけ、自分軸で生き、自分の納得いく人生を歩めるようにしようと強く思える講座でした。 
ありがとうございました!

★三回目の参加です。ひとりではないことを感じます。
また明日から生きてゆけそうです。 

★離婚は大変だと思います。けれどどんなに傷ついて消耗しても頑張れるんだなと思えました。
道は開けるんですね。

★小学生ですが、発達障害の子供がおり、参考になりました。
わかり易くお話してくださりありがとうございました。 

幸せなリコンをした方からのメッセージがありがたかった。 
リコンを選択された方々のケースの一部が私のケースにあてはまっていた。
生活の1つ1つのエピソードが我がことのように感じ共感。
今、そしてこれから自分が何をしたらいいのか?かなり八方ふさがりになっているため、皆さんのケースの中で助けになることがありました(とはいえ、なかなか先に進めない現実はありますが…)。
どれも長いスパンを必要とすることもわかっているとはいえびっくりしました。
それを実行されている方々が素晴らしいと思い、勇気があると思いました。いろいろな方々のケースがあると思いますが、実際にお話をしてみたい気もします。

とってもとっても良い話、アドバイスがつまった講演でした。 
ありがとうございました。

ケースごとに細かいことまでお話しいただき、とても参考になりました。 
自分の気持ちを見つめなおすこと、あきらめないこと、今何がしたいか何ができるか。
とにかく自分の気持ちを大切に生きていく道をさがしたいと思います。
自分のやり方をさがしてみます。

今回のような回復した方の行動と気付き、時系列での話を初めて聞きましたがすごく良かったです。 
シェアを承諾してくださった3人に感謝申し上げます。
私もここ1年でやっと体調が良くなってきていて(主人は家にいます)、働けるのではないかと思えるようになっています。
3人の方の話を聞いて、私も焦らずに自分の心と向き合いながら、自分の道を見つけていきたいと思いました。
そうできるんだという希望が持てました。

★子供が産まれてから夫の発達障害(子も)を疑い、確信するようになり、いろいろ調べ、知識を得れば得るほどもう離れるしか方法はないと思っている。
半年前に病気をし入院した。
我慢強いと思っていたが、ここまでストレスだったんだと自分でもびっくりし生活を変えたいと強く思った。
でもどうしたらいいかわからなかった。
今でも毎日(病気に関して)綱渡りの状態です。
今日の3人のケースはどれも当てはまって、発達障害とカサンドラの両方に何か共通の傾向があるのだろうなと思った。
私も夫の介護(自分がされる方も)は絶対できないので少しずつ準備しないといけないのかな…。
20代、30代、40代…一番いい時を無駄にしたかなしさを50を前にして強く感じています。

★真行先生にカウンセリングをお願いしたいと思いました。
ありがとうございました。

★申し込みから今日の間に離婚しました。
離婚したからと言ってスパッと回復する訳ではありませんので講座を聞きに来ました。
自分の親との感覚のズレや周囲の理解、子供の心配はありましたが、フルリールからも勇気をいただき一歩踏み出すことができました。 
今日のお話しから改めて明日の糧にしたいと思います。
ありがとうございました。

生々しい実例をきくことができて非常に共感を持ってきいていた。
参考にできる点も多かった。
 

一番大事なことは自分を大切にすることだと思わされました。

★子供のうちに発達障害を理解することが重要だと考えます。
大人になって知らずに結婚した配偶者は大変な目に合います。
離婚するまでの準備は大変ですが、子供に与える影響も生活し続けることで悪影響になることを考えることも必要だと思いました。

★母子支援施設とはシェルターとは違うのですか?
経済的自立の大切さ、仕事の有無の大切さを感じました。
フルリールのカフェは離婚を選択していない人ばかりだったので、離婚した人とつながりたい。気持ちをわかちあいたい。
そういう会を作ってほしいです。
ACの話もっと聞きたかった。保育の関係で最後まで聞けず残念です。

★8/24(土)が満席でしたので「婚姻関係を継続している方の回復事例」をまたお聞きできればうれしく思います。
本日はありがとうございました。



受講された皆さん、ありがとうございました!
キャンセル待ちの皆さま、ご受講していただけず、申し訳ございませんでした


スポンサーサイト



テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリール「カサンドラ理解と回復」講座報告 | Top ▲

8/24「カサンドラ症候群~理解と回復のための講座」受講された方の感想

2019/09/23 08:15 

「カサンドラ症候群~理解と回復のための講座」
◆第2回◆事例編「カサンドラ症候群からの回復事例Ⅰ婚姻関係継続編」
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-214.html



ご受講された皆さんの感想です。

★3人の方の例をお聞きしていろいろなパターンがあるということを知り、興味を持ちました。
今の自分にあてはまる部分もあり、それぞれの方のポイントが大変参考になりました。 
講師の真行さんに個別の相談をおねがいし、ご意見をお聞きしたいです。

★いろいろなケースのお話をうかがえてとても参考になりました。
お話が理解しやすくて、時間が短く感じられ、有意義な時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。

★私は離婚できない立場(子供を介護しているため)であるので、特に婚姻関係を継続しながら回復した事例には興味を持って参加しました。
三つのケースともに、自分にも通じる部分を見出すことができて共感もし、参考になったと思います。
婚姻関係の有無と幸せな人生は無関係であるという所に希望を感じました。 

夫の自覚を促す方法についてのコメントが興味深かった。
色々な事例を知りたい。自分のケースの参考にしたい。

★3ケース、それぞれ違いながらも共通する部分や自分とリンクする部分もあり、大変ためになりました。 
家庭として機能していない所で育った子はやはり不登校になりやすいのかとちょっと心配になりました。
やはり自分の心で決めることがkeyになってくるのかと思いました。
心のどこかでやはりうっすら期待している自分に気づきました。
(個人的にはケース3の暴言をはいてしまう人に共感できました)
ありがとうございました。

わかりやすく、自分の状態を確認できたのでありがたく思います。

各ケースのお話がとても詳細で分かりやすく大変有意義な時間でした。 
夫との関係にフォーカスしてしまうと巻き込まれてしまうこと、視点を「夫」ではなく「自分」にすることを再確認して励まされました。
4月から仕事に本格的に復帰してやりがいを持ちつつありケース3の方にもとても共感できたし、悩みは人と比べなくてよいと元気をいただきました。 

★去年1回目を受けたので今回は他も受けたいと思い、受けることができてよかったです。
1歩行動してみる、小さな1歩でいいという言葉がひびきました。 
ケースの皆さん、相手に求めなくなれたというのが共通かなと思いました。
自分が無理なく変われたら1番いいんだなと思います。

★<ケース3>のお話が私にはとても参考になりました。
夫との「共感」を期待しすぎないことが、今後大切になってくると思いました。
本当に来て良かったです。 
ありがとうございました!

いつも勇気をいただけるお話をありがとうございます。

★去年聴いた事例もあり思い出しました。
発達障害をパートナーがどう向き合うのか、選択肢の参考になりました。 
真行さんの、「悩みは人それぞれ、他人と比べない、自分の辛いと感じる悩みは辛いんだと受けとめる」と仰っていて印象的でした。
悩みの無い夫婦はいないし、他人と比べない夫婦の幸せを見つけられたらと思いました。

回復までの道のりが良くわかりました。 
一歩をふみ出すこと。現状を知ること(経済面)。
小さな一歩からですね!

★case3とほぼ同じパートナーです。
年代は違いますが、私も40代、50代の頃に先立つものはお金だと仕事をするようになりました。
共感するのが難しいと思っていても、以前程ではないにしても心のどこかに感情をやりとりしたいとまだ思っている。
これをすっぱり、やりとりできない赤の他人と割り切れればどんなに楽になるか。
本日はありがとうございました。
具体的なケースをおききし、気持ちをリセットすることが出来ました。 

お話がとても具体的で分かりやすかったです。 
伝えたいというお気持ちがとてもよく伝わってきてお話に引き込まれました。
ケース2のお話はどんな回復方法なんだろうとワクワクしながら聞いていましたが、彼女の心の変化に思わず涙が出てきました。
「回復」の形には様々あるということを再確認させて頂きました。
関係を回復するということではなく、自分自身が本質を見極めて自分に納得していることが、回復していくことなんだと。

自分の行動をかえる言葉をいくつも頂きました。 
ありがとうございます。

共感できる話ばかりでうなずくことが多かった。 
主人はアスペルガーとADHDの両方だと確信した(未診断。うちは恐ろしくて診断をすすめられない)。
介護のことも考えさせられた。
私の体の心配も一度もされたことなく体調を崩すと迷惑がられるので、やはり離婚かなと気持ちが決まってきた。
カウンセリングや弁護士さんの相談もしたい。おいくらなのか知りたいです。
私も親に「お前の為に離婚しなかった」と言われつづけてきたことを思い出した。
アダルトチルドレンの回キャンセル待ちをしています。ぜひ受講したいです。
48才の私、パートを始めて、正に今後収入を増やしたいと考えています。可能なら正職にと。
共感しまくりです。

★当てはまることがあり、参考にしたいと思います。

回復事例は希望が持て、自分にも活かせることがあれば参考にしていきたいです。
真行さん、スタッフさんに、この活動に感謝しています。
ありがとうございます。

★初めての参加でしたが、大人の発達障害に関する情報はまだ多くないと思うので、実際の事例などを聞けるのは非常に参考になりました。 
何かあれば相談できる所があると思うだけで気持ちも違います。

★自分の気持ちにもムラがあったり、状態の良し悪しもあるので申し込んだはいいも、今日参加するのを迷いました。
今回事例紹介で、自分がケース1とよく似ていました。
私は最近夫のこと、職場でも人間関係に悩み、死にたくなる程のうつ状態になったので、治療を開始しました。
その過程で、冷静に考えてうつ状態に加え、ものすごく敏感に感じやすいこと、ACであることを再確認しました。
もしかしたら自分も発達障害かと思ったり、抗うつ薬の副作用なのか体調が悪く落ちこむ事もありますが、以前より夫が思いやりが出てきたのかと思う場面もあるのでそこを評価しつつ今は生活しています。

★3つのケースのお話、どれも我が家も同じ!私の感じていることと同じ!…と思うことばかりでした。
「私だけじゃない」という気持ちになれることは大きいです。 
元気な時はやさしい対応ができるのですが、自分の体が弱っているとそれができず、もめ事に発展し、さらに体調をくずす、のくり返しです。

★カフェでも婚姻を続けられている方は「ATMの代わり」等、経済的事情が安定している場合が多いように感じます。
夫がある程度収入がある、有職の妻などは継続要因ですね。
原因は夫にありますが、解決のカギは自分に集中する、自分を変えていくことと感じました。
ありがとうございました!

★第1回講座でアダルトチルドレンのことを知り、自分に思いあたりました。
図書館で本を探そうとして行き、境界性パーソナリティー障害というのが目に入り借りて読んでいます。
夫のこともありますが、自分を何とかしたいと思っています。
自分と夫に合った方法をみつけたいと思います。
今後共よろしくお願いします。

★いつもカフェや講演でお世話になっています。
あれからまたさらにいろいろ起こりメンタル的にやられカウンセリング&医師とすすめていくうちに封印感情が噴出し、疲弊していた中での参加でしたが色々なケースを聞いて(とくにケース3)、今の自分の気づきや一歩行動してみるのは良い手段なのかと自分のしていることが正しいのか不安なところだったので後押しになりました。
また参加しますのでいろいろ学んでいきたいです。
講師モモさんの元気さに触れて元気になれました。
またパワー分けてください(笑)。

具体的な回復法を学べてとてもよかったです。 
今日、8/24、こうした講座に参加出来、本当によかったです。
気持ちも救われました。
昨年8/25に出産し、出産前アスペ夫に悩まされ、切迫早産でずっと入院して、フルリールカフェなどに行くのが希望だったので叶いました。
1年前と今では気持ちもちがいます。フルリールカフェに参加し、講座を受け、とっても生き辛さが減って元気が沢山湧いて幸せな気持ちも感じられるようになってきました。
感謝でいっぱいです。
悩んでいる多くの方に講座やフルリールカフェ参加をおすすめしたいです。

★夫に共感を求めるのをやめようと思って楽になってきたケースをきいているうちに、自分自身はどうなのか、共感を求めるのはとっくに諦めているつもりでも、どこかまだ共感を求めたがって自らでストレスを作っているのでは…という問いが生まれた。
覚悟や自己意識の深さの大切さを感じた。

★夫からの共感を手放すということを学びました。

今日は色々なケースをきけてよかったです。 
自分自身を取り戻すことが大事。自分の気持ちを大事にする、自分のことを好きになる。夫に期待しない、自分が元気になれる何かを見つけると強くなれるな、と思いました。
今回、個別のケース、対応方法を聞けて参考になりました。1歩踏み出す勇気って大事ですね。
今日は話を改めてきけてよかったと思いました。

★「カサンドラ」という言葉がもっと一般的に知られるようになってほしいものです。


受講された皆さん、ありがとうございました!
キャンセル待ちの皆さま、ご受講していただけず、申し訳ございませんでした


テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリール「カサンドラ理解と回復」講座報告 | Top ▲

8/3「カサンドラ症候群~理解と回復のための講座」受講された方の感想

2019/08/25 11:00 

「カサンドラ症候群~理解と回復のための講座」
◆第1回◆総論編 「カサンドラ症候群を知る」
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-214.html



ご受講された皆さんの感想です。



★前々からカフェやブログなどから真行さんが、どのような経緯でフルリールを立ち上げられたのか、カサンドラをどのように経験されて来たのか、詳しくお話を伺ってみたいと思っていたので、今回それが叶って嬉しかったです。
また、真行さんの実体験からのお話の内容が哲学的だったので、自分でも自身で考えて決断して、その喜びを噛み締める事ができる感覚を味わえたような気がして幸せを感じました。 
「幸せです、元気です、誰に何を言われても平気です」という言葉は、私にとって勇気を与えて下さる力強い言葉でした。
ありがとうございました。
お勧めいただいた本も是非読んでみたいと思います。


★講師の体験を初めて伺いました。
あまりにも自分の体験に似ているのでびっくりすると共に深い共感をおぼえました。
自分が主人公になって良いんだというメッセージに力づけられました。 
一人一人の人間が代わりのない神様の芸術品なのですから。
夫は自覚が生まれない診断済みASですが、負いすぎず、自分と子供だけは守って幸せに生きていきたいと思いました。


★真行さんのストーリーを聞けて良かったです。
講座の中で色々な本を紹介して下さってありがたかったです。
5月にフルリールと出会い、現在回復中です。少しずつ。
毎日に感謝です。


★貴重な講演、ありがとうございました。
フルリールに関わらせていただいて3年程なりますが、モモさん(こう呼ばせてください)のお話はいつも自分の「進もう!」の気持ちを固いものにして頂けます。 
まだ夫との関係は海の中でゆらいでいる様で「決定」は出来ませんが、「一緒に暮らすにはパートナーの寄り添う姿勢が必要!」。この言葉をかみしめ、歩んで行こうと思います。


講師モモさんの優しく力強いお話が心にしみました。  
受講できて本当に良かったです!次回も楽しみにしています。


★講演を聞いてモモさんの体験を伺い、まるで自分の悩んできたことと同じで、そうだそうだと思って安心しました。
結局のところ、私がどうするかということを決断していくことが大事 だと思いました。


★モモさんのお話をきけてよかったです。
今日、この講座に自分の足を運んだ選択は間違っていなかったと思います。


★参加することに少し勇気がいりました。
ただ、辛い日常を抜けるきっかけになればと参加させてもらいました。
真行先生のお話をお聞きして、自分の経験と重なる部分がたくさんあり、共感し涙が出ました。 


★初めての参加でしたが、お話がわかりやすく 、会場には同じ悩みの人がいて少し安心しました。
一人でかかえていないで相談したいと思いました。
理解されず、人に話すこともあきらめていましたが、やはり相談したいと感じました。

★本日は貴重なお話をありがとうございました。
第3(回目)第6(回目)も申し込んでおりますが、自分の「今」を見極め今後に活かしたいと思っております。


共感できるお話ばかりで救われました!
自分が主人公の人生を取り戻したい
、そう生きることが高校生と中学生の息子達のためになるのかなと思えた。
カサンドラから抜け出せそうで抜け出せない今の自分に、講師の真行さんから幾つかのアドバイスをもらえました。
意識して生活を変えていけたらいいなと思いました。
ありがとうございました!
紹介してもらえた本、読んでみたいと思います。


★真行さんから本を紹介していただき、やっとバイブルに出会えた感じがします。
カサンドラを通し生きなおしをしたいと思っています。


とても勉強になりました。
カサンドラ回復の具体的な抜け出す考え方、工夫、自分と向き合うこと、わかりやすく学べました。
 

参考図書の紹介もとてもよいですネ。
読みたいです。
ありがたい情報と知識が増えました。


これまでインターネットや本などで知識を得ていましたが、
今日の講座で理解が深まりました。 

課題分離や自己決定することなど、自分起点で考えることが苦手なので、少しずつそうなれるようにこれからも向き合っていきたいと思います。
ありがとうございました。


真行先生の実体験をお聞きし、共感できました。 
いろいろな家族構成の体験者の方々のお話、現在のご自身の状態など生の声をおききしたいです。
経験を参考にして自分の気持ちを前向きにしたいです。


★今まで自分を犠牲にして周りに合わせてきたのだと気づかされました。
いかに自分軸を持つのが大事かわかりました。
大変参考・励みになるお話をありがとうございます。 


自分の生活を豊かにするのは自分次第なのだと頑張りたいです。


★自分自身どうしたいかが見えなくなっていました。
そのことについてヒント=答えをいただいたようです。 
もっと自分を大切にしていきたいです。


★受け身のアスペルガーの夫は診断もして本人も努力してはいるのですが、医者がどうせトラブルになるから、みたいな反応で、なぞに感じていました。それが何故なのかわかってスッキリ!! 
真行さんの伝えたいこともよくわかりました。


★ほぼ全て、お話されることが納得でき、「ふむふむ…」「あるある…」ときいていました。
もっと話がききたいです。自分を理解するために。


★今日はありがとうございます。
お話を聞いて今まで私の胸につかえていた事が整理されてすっきりしました。 
私はカサンドラだな…と思います。
「私だけがわるいわけではなかったんだ」と気づくことができて嬉しかったです。


★去年に続いて今回参加しました。
ひとりでいるとうつうつと悩むことが多く、講座に参加して、自分の幸せは何かと考える習慣を身につけていきたい と感じるようになった。


★ありがとうございました。大変勉強になりました。 


★本当に生きているのか?生きていませんでした。改めて考えさせられました。
すがすがしさを感じられる生き方をしていきたいです。  


★私も同じだという事を知れて良かった。
これからの人生に参考にしたい。 


色々と参考になるお話を聞くことができました。
また参加したいと思います。 

理解して一緒にパートナーと生活していけるか、ゆっくり考えていきたいと思います。


★自分のまわりにはパートナーが発達障害の人がいないため、実体験者の生の話は自分の勇気になります。 
もっと世の中に発達障害で悩んでいる人だけでなく、そのパートナーの苦悩の事実を知ってもらいたいです。


★自分と同じ様な悩みを持っている人がたくさんいる事に驚きました。
それだけで少し気持ちが楽になりました。 
これから自分で書籍を読んで勉強をして、自分なりに生き方を選べるようになりたいと思います。
少しずつ前向きに生きて行きたいです。


★カサンドラの概要を知ることができてよかった。


お話を聴きに来て下さった皆さま
どうもありがとうございます。

私といっしょに
「自分が主人公の人生」を歩んでいきましょう! 
 


テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリール「カサンドラ理解と回復」講座報告 | Top ▲

カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム5回目(最終回)講座 「幸せな選択に向けて4~私の大切なものを知る」開催しました!

2019/01/31 20:00 

平成31年1月19日(土)
男女共同参画センター横浜との協働事業
カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム5回目(最終回)
講座 「幸せな選択に向けて4~私の大切なものを知る」
開催しました。



今回は
「死」を意識することで自分と向き合い
自分にとって「ほんとうに大切なもの」を感じ
どう生きるかにつなげていく
「死の生のワークショップ」を行いました。



ご参加された方の声から

◆今日のワークを体験し、自分と向き合うことを普段していないなと強く感じました。
自分で自分をわかっていない部分を少しずつ気づかせて頂いている気持ちです。
まわりの方の感想でもひとつひと気づくことが多く、心に響きました。

◆自分を大切にしていないのは、ちゃんと自分と向き合っていないのでは、ということに気づきました。
これからの生き方のヒントになると思いました。ありがとうございました。

◆有意義な時間になりました。ありがとうございました。

◆終ってみて、心の整理ができた気がします。ありがとうございました。

◆本日の死を意識したワークショップ、とても考えさせられました。
一番たいせつなものが、やはりアダルトチルドレン的なのでしょうか、「人」になりました。
これを大切にしていってよいのか・・・。アダルトチルドレンのままで良いのか、今すごく考えて自分と葛藤中です。
これから時間はかかりそうですが、ゆっくり考えていきます。
アダルトチルドレンからの回復が課題であろうと思われるカサンドラも少なくないと考えております。今後、アダルトチルドレンに関するセミナーの開催も計画しています。(講師 真行結子)

◆死に対する恐怖体験は大変リアルでした
。生きている限りはやるべきことがあると前向きにとらえていこうと思いました。
カサンドラとの関係性が今回はあまりわかりにくかったですが、自分にとって大切なものは何かを再認識する目的なのかと理解しています。
今回、直接的にはカサンドラについて触れませんでしたが、「自分の大切なもの」「自分の価値観」「自分の人生や己への向き合い方」への気づきはカサンドラからの回復のキーポイントだと考えております。(講師 真行結子) 

◆ストーリーに自分を置き換えた時、とても悲しくつらい思いの体験でした。
自分の中で整理しゆっくり今後に生かしていきたい。
このワークショップを体験し、死を意識することで「切に生きる人生」へゆっくりとシフトされている方々がいらっしゃいます。(講師 真行結子) 


講座全般に関するご感想

◆本当にためになる学びをありがとうございました。
離婚の回だけ都合で欠席しましたが、4回の出席で深く腑に落ちました。
「自分の人生を自分のやりたいことにしっかりと焦点を当てて生きる」ことを実践します!
5回のうち4回のご参加をどうもありがとうございます。講座がお役に立てたならとても嬉しく思います。
講座は今後も実施いたしますので、ご都合つかず御欠席された回がありましたらお申し込みくださいませ。(講師 真行結子)


◆カサンドラの概念からワークショップまで多岐にわたりとても充実した講座でした。
フルリールに参加してから「自分だけではない」と孤独感から解放され、この講座に参加して更に一歩進んだ自分になれたような気がします。
状況(夫)が改善されなくても、変わらなくても、私の「心」が変わったのだと思います。
「自分軸で生きること」「自分を大切にすること」「私らしく生きること」にカサンドラは気づかせてくれたのかもしれません。
このカサンドラギフトを大切にしてさらに自分をまず大切にできる生き方をしていきたいです。


1人でも多くのカサンドラがフルリールにつながり、
「ご自身を大切にする人生」への一歩を踏み出すことを願って、
フルリールでは今後も
★フルリールカフェでの「わかちあいの時間」
★講座などの「学びの時間」
★「カウンセリング」
のメニューを提供いたします。
 
 


テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリール「カサンドラ理解と回復」講座報告 | Top ▲

カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム4回目講座 「幸せな選択に向けて2~問題解決方法を探る」開催しました!

2018/12/29 14:19 

平成30年12月15(土)
男女共同参画センター横浜との協働事業
カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム4回目
講座 「幸せな選択に向けて2~問題解決方法を探る」
開催しました。



今回は
カサンドラ症候群専門カウンセラーとしてはもとより、
キャリアコンサルタントおよびシニア産業カウンセラーとして、
数多くの方々の「自分らしい人生」への伴走を行ってきた経験も活かし

講義とワークとおして
健やかな人生の実現への
具体的な一歩を踏み出すきっかけとなるようなプログラム構成といたしました。

さて、いかがでしたでしょうか。

ご参加された方の声から

◆今回もワークや回復のためのキーワードが盛りだくさんで本当に有意義な時間でした。
焦点を自分に当てて自分軸で生きること。自分を「主人公」にして生きることがWell‐beingにつながり、回復の道を歩んでいけることを知り、希望が持てました。
前回の講座で夫に焦点を当てすぎていた自分を感じられましたが、今回は他者に焦点を当てすぎていた自分に気づくことができました。夫婦とは「~あるべき」、結婚とは「~あるべき」というマイルールに縛られていたのでは、という気づきにまで達したような気がしました。
ありがとうございました。

◆「自己承認」が満たされて溢れ出たものを他者へ、と、「与える」は自分に与える、が印象に残りました。

◆「過去の私」と「現在の私」をあらためて考えることができました。
私は私でいい…そう思いながら進んでいきます。

◆夫は変わらないとわかっていても、「変わるのではないか?私が一緒にいれば」と思っていました。
ですが、何十年一緒にいても変わらない。
夫のことは「自分が何とかしなくてもいいこと」と思いました。
自分自身を大切にしていきたいと思います。

◆発達障害だから…周りの理解が必要…とがんばってきました。
精神修行の機会だ!と気を張っていた面もありましたが、自分を大切にしようとあらためて感じました。

自分を守るために今日のお話が役に立ちました。
健康ということの定義がくつがえされました。

◆立ち止まって自分に向き合う時間の大切さがわかり意識的に取り入れていこうと思います。
チョコレート瞑想、良かったです。自分の方向性が見つかった感じがしました。
ACのこともとても参考になりました。

◆とても参考になりました。是非取り入れていきたいと思います。
ただ今までに自分で取り組んでみたものの上手くいかなかったものもあり、自分の何がいけなかったのか、どう修正すればいいのか。それについて質疑応答の時間があったら良かった。

◆今日は色々なヒントを得ることができましたが、それを自分のものにするのはまだまだ難しいなと正直思いました。
自分の心地よい時間というものが浮かばず、そこから悩んでしまい、肯定感が下がります。
でも自分を褒めることは自分にするようにしています。
今日はありがとうございました。

◆早速、自分の味方になる実践を「1日3つ」私も書こうと思います。小さな一歩から、なんですね。

◆埼玉在住。埼玉でも開催を希望。希望者が全員参加できるよう定員を増やしてもらいたい。
今回ACに絡んだお話を聴けてありがたかったです。

ACと共依存のお話の中のすべてが自分にあてはまりました。
夫からされたことや言われたことにより、昔の自分に逆戻りしてしまっていることにあらためて気づきました。

◆私自身ACなのでそのお話を聞けて良かったです。
また色々な講座を受講していけたらと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

◆モモさん(講師)自身の視点でのACに特化したものをこの先も続きとして開催してほしい。

カサンドラとACの関係がわかり勉強になりました。
解説いただいたスキルを使えば今の夫との辛い状況が何かかわるのかもと思えたのが一番ありがたかったです。

マインドフルネスについて実践を入れて体験できとても新鮮でした。
回復してWell‐beingで生きていく!ますます決意を新たにしました。

◆とても参考になりました。
どうしても過去に囚われてしまう自分があり、マインドフルネスの効果を実践し、今後生活の中に取り入れていきたい。
また、カサンドラになりやすい傾向として、自分のACであることが取り上げられ新たな発見でした。まだまだ勉強したいことがたくさんあります。
今後の企画も楽しみにしております。

マインドフルネス、とても参考になりました。私も実践してみようと思います。1~3回目の講座に出られなかったので、アンコール開催をお願いします。



ご参加された皆さま
ありがとうございました。


テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリール「カサンドラ理解と回復」講座報告 | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»