FC2ブログ

カサンドラがカップルで参加するワークショップ報告

2018/02/25 11:00 

「フルリール」代表 真行結子です。



「発達障害者の方、発達障害者かもしれない方」と「カサンドラ」カップルが
より良い関係をつくるためのワークショップを
平成30年1月28日に開催しました。


発達障害を持つ人とカサンドラがともに幸せになるワークショップhttp://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-174.html


当日は10組のカップルのご参加がありました。


第1部では
たつおさん(アスペルガー症候群)とパートナーであるかおりんさんをお招きし、
お互いに対する思い、暮らしの工夫についてお話しいただきました。



第2部は
お二人へのご質問を通して、ご参加者のお気持ちや悩み、体験のシェアをいたしました。



お二人の暮らしの中でのさまざまな工夫が、
参考になったご参加者もいらっしゃったのではと感じます。



「お互いの生きる目的をすりあわせる」
そのためにお二人は気持ちを伝えあっています。
その目的に向かうために
折り合いをつけていく作業をお二人はなさっています。



そこには葛藤や衝突もある。
しかし、
すりあわせた目的があるからこそ
その目的に向けて二人は折り合いをつける作業に取り組み続けている。
その丁寧な作業にぬくもりを感じたのは私だけではなかったはずです。
そのぬくもりこそ愛であるのだと思います。



◆ご参加者様の声から

☆大満足の内容だった。たつお夫妻のやり方を参考に自分達らしい生き方を探していきたい。
お二人が本当に具体的にさらけ出してお話ししてくださって心に響くことが沢山ありました。
何よりも補い合っていこうとする関係性がほほえましくもありとてもうらやましかったです。
また、大切にする事を二人で認識しあう姿勢がとても良いと思った。

☆二人で参加できたこと自体がとても良かった。かおりんご夫妻の信頼関係がうらやましく、希望になりました。

☆今日は本当にありがとうございました。同じ思いを抱えている方たちと同じ場所に会することができて心が救われました。ゲストのお話を聞いて、もう少し試行錯誤してみようと思います。

☆こんなに沢山、同じような状況にいる方々がいるんだと実感できて励みになった。色々な夫婦のかたちを伺ってみたいです。そして自分の視野を広げたいと思いました。

☆たつおさんのお話しがわかりやすくとても勉強になった。自分も同じように妻含めまわりの人と話せるように努力します。
定型発達の方とASD側の特性の違いから生じる違和感についての納得、解決、折り合いのつけ方が大変勉強になりました。
奥さんが実際体験されたことが、自分達の事に当てはめてみるとても参考になった。

☆本日はたいへん有意義なお話をありがとうございました。まるで自分のことと思うようなエピソードも多々あり、自分だけではなかったと思えただけでも励みになりました。
もっとお話しを伺いたかった。たとえば、価値観共有のためにどんな話し合いをしているのか?エクセルで作成しているリストをお互いに見せ合ったりしているのか?
最後に、障害を乗り越えて幸福そうな二人を見て本当に参加して良かったです。

☆なかなか普段聞けない話を聞けて良かった。ひとりで苦しんだり夫婦で苦しんでしまっているので同じような境遇の人の話しが聞ける機会があるととても助かると思いました。もっと意見交換したかったです。視野、視点を変えて物事を捕らえるケースを説明いただいたのはありがたかったです。

☆「俺だったら〇〇」「こうしたらいいのに」など、ゲスト夫婦を通してお互いのことを会話することができた気がします。

☆共感することができない≒色盲というたとえはわかりやすく頭がすっきりした。また、互いが気持ちを満たすため何が必要か言い合うことは重要だと感じた。

☆具体的な病院名が出てありがたかった。



当日は、お忍び?ゲストで
フルリールカレッジでお世話になっている
ハートクリニック横浜 医院長 柏淳先生がお越しくださいました。
超ご多忙のなか、ありがとうございます。



「発達障害者とその家族は幸せな生き方をみつけられるのか」
YES!であると私は言いたい。
ただし、
たつおさん、かおりんさんのようにお互いが向き合っているのならば。



一方的な自己犠牲は
愛の衣をまとっているようで
ご自身に対するいたましい仕打ちなのかもしれないと
私は思うのです。

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールレッスン(気づきの場) | Top ▲

「カサンドラ症候群~理解と回復に向けて」シリーズ5回目!

2017/11/18 08:48 

定員に達しました!ありがとうございます。(11月25日)
キャンセル待ち受付中


発達障害を持つ人カサンドラがともに幸せになるワークショップ 



ふたりでいっしょに生きていきたい
「発達障害(かもしれない)人」と「カサンドラ」カップルの皆さん!

121-106980.jpg

そうはいっても
暮らしのなかで起こる
様々な行き違い、混乱、衝突



わたしたち、どうしたらいいの?
他のカップルはどうしているの?



行き詰っていたり
悩んでいませんか?



今回のワークショップは2部構成

第1部はフルリールスタッフの
たつおさん(アスペルガー症候群)とパートナーであるかおりんさんをお招きし、
お互いに対する思い、暮らしの工夫についてお話しいただきます。

第2部は
参加者どうしお気持ちや悩み、体験のシェアをいたします。

第1部、第2部を通して
各カップルそれぞれの幸せのかたちを探っていきます。 



人には
それぞれの特性や個性、価値観がある



だからこそ気づきがあり
だからこそ人と人との関係は面白い



違っているところから始まって
違いを認めあったその先にある
それぞれの幸せのかたち



その幸せのヒントを
見つけにきませんか?



カップルでのご参加をお待ちしています!

◆日時
平成29年1月28日(日) 14時から16時15分
受付13時30分~

◆会場
男女共同参画センター横浜 2階 セミナールーム3
横浜市戸塚区上倉田町435-1
JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/accessmap/

◆託児あり
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-nursery/

◆ご参加いただける方
発達障害(未診断含む)をお持ちの方とそのパートナー

◆定員
10組20名(ご入金が確認できた方からの先着順)

◆受講料
3000円(1組)

◆プログラム
第1部 ゲストによるお話
 「幸せのかたち~私たちの場合」
第2部 参加者皆さんで体験のシェアなど
 「見つけよう。私たちの幸せのかたち」

◆ゲスト
たつおさん(アスペルガー症候群)&かおりんさんご夫妻 
<プロフィール>
たつおさん
2014年春にアスペルガー症候群と診断を受け、同年秋から約半年間休職の後、会社に障害を伝え2015年春より復職し、現在に至ります。
妻をはじめ、沢山の方々の理解と支えがあり、働く場所、そして帰る場所がある幸せに日々感謝しています。この感謝を忘れずに謙虚でいることが、私にとっては大変に大事なことだと考えています。
この度は、皆さまとお話しできますことを、心より嬉しく思います。どうぞ、よろしくお願い致します。
かおりんさん
診断を受けた後、彼は適応障害になり、私もカサンドラ状態になっていたと思います。
現在は、発達障害の方や定型発達の方のどちらの思考も理解しようとし、支えてくださる沢山の方がいるからこそ、私は彼と歩み寄りながら、バランスを保って生活することができていると感じています。
しかし、まだまだ、双方理解、対処法、社会的支援など不十分なことも多いのではないでしょうか。
今回は、私から見える世界と、彼から見える世界を知ってもらい、そして皆さんの貴重な経験をとおして、一緒に生きる道を考えられることを嬉しく思っています。

◆ファシリテーター
真行 結子
<プロフィール>
■シニア(上級)産業カウンセラー
   (社)日本産業カウンセラー協会認定
■キャリア・コンサルタント
   厚生労働省認定
■「フルリール」代表
■カサンドラ症候群の体験から、共感と信頼のあるネット
 ワークの重要性を痛感。
 発達障害(未診断を含む)のパートナーを持つ方々が、
 幸せな人生の一歩を踏み出す力を自分の中から引き  
 出すことを目的とした「フルリール」の活動に取り組む。
■300人を超えるカサンドラ症候群クライエントのカウンセ
 リング及びカップルカウンセリングを実施

◆お申し込み方法
★受付開始日★
11月18日(土)9時00分から
以下フォームより送信してください。
定員に達しました(11月25日)キャンセル待ち受付中

お申込みフォームが利用できない方、お問い合わせは↓
フルリール事務局:fleurir.since2014@gmail.com
☆お名前、お電話番号を記載してください。
☆メールでお返事を差し上げます。

◆当会から受講可能・入金先のご案内が届いた方は7日以内に受講料をお振込みください。
※欠席されても受講料は返金いたしません。

☆フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで3日間ほどお時間を要することをご了解ください。

◆お返事を差し上げた際、エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。
「fleurir.since2014@gmail.com 」からのメールが受信できるよう設定していただければと存じます。

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールレッスン(気づきの場)Comment(1) | Top ▲

「カサンドラ症候群~理解と回復に向けて」シリーズ4回目!

2017/10/07 13:30 

ご好評につき定員に達しました(10月8日)
キャンセル待ち受け付けております。 
ご希望者が多い場合、追加開催も検討いたしますので
是非ともキャンセル待ちをお申し込みください。
 



発達障害パートナーを持つ
大切なものを感じるワークショップ
 




あなたは幸せですか?



幸せの価値観はひとそれぞれ。
ただし核となるものは
自分の大切なものを「大切にしているか」



昨年11月に実施しご好評をいただいた
病にかかり、やがていのちを終えていく物語を
疑似体験する「死と生のワークショップ」

CxHzeI9VIAAXsch.jpg

死を考えることは、どう生きるかにつながる。
そして、ほんとうの自分と向き合う大切な時間
にもなるのです。



あなたにとって「ほんとうに大切なものは何か?」
ワークショップを通じて体感してみませんか?



あなたの人生は一度きり。 
あなたらしい笑顔で幸せになりませんか。

◆日時
平成29年12月10日(日) 14時から16時15分
受付13時30分~

◆会場
男女共同参画センター横浜 2階 和室1・2
横浜市戸塚区上倉田町435-1
JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/accessmap/

◆託児あり
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-nursery/

◆ご参加いただける方
◇発達障害(未診断含む)のパートナーをお持ちの方
◇ご家族に発達障害(未診断含む)の方がいらっしゃる方
◇ご本人が発達障害(未診断含む)の方

◆募集人員
15人(ご入金が確認できた方からの先着順)

◆受講料
1500円

◆講師
真行 結子
gメール用写真
<プロフィール>
■シニア(上級)産業カウンセラー
   (社)日本産業カウンセラー協会認定
■キャリア・コンサルタント
   厚生労働省認定
■「フルリール」代表
■カサンドラ症候群の体験から、共感と信頼のあるネット
 ワークの重要性を痛感。
 発達障害(未診断を含む)のパートナーを持つ方々が、
 幸せな人生の一歩を踏み出す力を自分の中から引き  
 出すことを目的とした「フルリール」の活動に取り組む。
■300人を超えるカサンドラ症候群クライエントのカウンセ
 リング及びカップルカウンセリングを実施

◆お申し込み方法
★受付開始日★
10月7日(土)13時30分から
ご好評につき定員に達しました(10月8日)
キャンセル待ち受け付けております。 
ご希望者が多い場合、追加開催も検討いたしますので
是非ともキャンセル待ちをお申し込みください。
 


キャンセル待ちお申込み、お問い合わせは↓
フルリール事務局:fleurir.since2014@gmail.com
☆お名前、お電話番号を記載してください。
☆メールでお返事を差し上げます。

◆当会から受講可能・入金先のご案内が届いた方は7日以内に受講料をお振込みください。
※欠席されても受講料は返金いたしません。

☆フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで3日間ほどお時間を要することをご了解ください。

◆お返事を差し上げた際、エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。
「fleurir.since2014@gmail.com 」からのメールが受信できるよう設定していただければと存じます。



SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールレッスン(気づきの場) | Top ▲

「カサンドラ症候群~理解と回復に向けて」シリーズ3回目!

2017/09/16 13:00 

当日のご報告↓
http://fleurirmomo.blog.fc2.com/blog-entry-81.html



ご好評につき定員に達しました!(9月18日)
キャンセル待ちお受けします


発達障害パートナーを持つ人が幸せになる
ココロの整理講座
 




パートナーとどのように向き合ったらいいの?
心地良い関係性をつくれるのかしら?
パートナーとの関係性の落としどころは?



毎日が辛い、気持ちがすっきりしない・・・
でも・・どうしたらよいのかわからない・・・
子どものことも考えないと・・・



パートナーと暮らし続ける?別居?離婚?



私はどうしたいの?



頭の中が混沌として
答えが見つからず悩んでいませんか?



そんなあなたのためのココロの整理講座



ココロをすっきりさせて
「幸せ」になる選択を見つけませんか?

◆日時
平成29年11月18日(土) 14時から16時15分
受付13時30分~

◆会場
男女共同参画センター横浜 2階 セミナールーム3
横浜市戸塚区上倉田町435-1
JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/accessmap/

◆託児あり
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-nursery/

◆ご参加いただける方
◇発達障害(未診断含む)のパートナーをお持ちの方
◇ご家族に発達障害(未診断含む)の方がいらっしゃる方
◇ご本人が発達障害(未診断含む)の方

◆募集人員
20人(ご入金が確認できた方からの先着順)

◆受講料
1500円

◆講師
真行 結子

<プロフィール>
■シニア(上級)産業カウンセラー
   (社)日本産業カウンセラー協会認定
■キャリア・コンサルタント
   厚生労働省認定
■「フルリール」代表
■カサンドラ症候群の体験から、共感と信頼のあるネット
 ワークの重要性を痛感。
 発達障害(未診断を含む)のパートナーを持つ方々が、
 幸せな人生の一歩を踏み出す力を自分の中から引き  
 出すことを目的とした「フルリール」の活動に取り組む。
■300人を超えるカサンドラ症候群クライエントのカウンセ
 リング及びカップルカウンセリングを実施

◆お申し込み方法
★受付開始日★
9月16日(土)13時30分から
キャンセル待ち受付中
下記アドレスまで
①お名前②お電話番号を記載しご連絡ください。

お申込みフォームが利用できない方、お問い合わせは↓
フルリール事務局:fleurir.since2014@gmail.com
☆メールでお返事を差し上げます。

◆当会から受講可能・入金先のご案内が届いた方は7日以内に受講料をお振込みください。
※欠席されても受講料は返金いたしません。

☆フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで3日間ほどお時間を要することをご了解ください。

◆お返事を差し上げた際、エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。
「fleurir.since2014@gmail.com 」からのメールが受信できるよう設定していただければと存じます。

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールレッスン(気づきの場) | Top ▲

「死と生のワークショップ」報告

2016/11/12 23:42 

第3回フルリールレッスンは
死を疑似体験していただくことで
・本当の大切な物を感じる
・「死」から「生」を感じる
「死と生のワークショップ」
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-142.html



11月12日に開催いたしました。

CxHzeI9VIAAXsch.jpg

ご自身の内にある感情が明確化された方
ご自身の内にある意外な思いに気がつかれた方
清々しさを感じられた方 等
皆さまそれぞれにご自身の心に湧き上がってきた思いがおありのようでした。



ご参加者さまの感想から一部を紹介いたします。

◆「死と生の・・・」!?一体何?という気持ちでの参加でしたが、
本当に良い体験をさせて頂きました。
赤いカードだけになった時「もう選べません!」と手を挙げようかと思いました。
最後は人のつながりなのだと改めて感じることができました。
面倒がらず次男とも、もっと関わっていこうと思いました。
ありがとうございました
このような企画にまた参加させていただきたい。
友人にも勧めたいです。

◆今日は心からわかちあえた気がしましたし、モモさんの最後の言葉で、誰とも共通して話す事のできない(死という人間としての深い深い部分)心の内をわかっていただけた気がして嬉しかったです。
もっと自分の限りある時間をを大切にして生きていけるといいなと思いました。

◆貴重な体験をさせてもらい参加できたことを嬉しく思います。
ありがとうございました。
普段大切だと思っているもの、思っていないものが、この静寂の中であぶりだされた気がします。
また10年後に同じ体験をしてみたいと思います。

◆夫の関係で両親の介護の事など、将来の心配事を考えると暗たんたる気持ちでしたが、今自分が死んでいくことに何の未練もなくむしろ清々しさを感じることを知り、未来の事はあまり考えずに、ただ今この瞬間を精一杯生きることが自分の精神状態を健やかに保つコツなのかもしれないと感じました。

◆「死んでしまいたい」「消えてしまいたい」
現実から逃れたいばかりに良く考えていたこのフレーズ・・・
実際に死を体験したことによってそれによって得るもの、失うものがリアルに目に浮かびました。
自分にとって何より欲しいものは寄り添いなんだな…。と改めて感じ、息子を持てた事のよろびも感じました。ありがとうございました

◆貴重な体験をさせていただきました。
役割を手放し、自分のお世話をしっかりとしていく力?・・・といいますかエネルギーを燃やしたい、燃やしても良いのかもと感じた時間でした。



生かされていることの「有り難さ」
たいせつなものの「かけがえなさ」
愛おしい自分の「人生」
そのようなことをお感じになった方々もいらっしゃったようです。

今回の企画が皆さまの
何かしらのお役に立てたのならばこんなに嬉しいことはありません。

皆さまの
今これからの幸せな「生」
を願って。

ありがとうございました。

★キャンセル待ちでご参加いただけなかった皆さま、
申し訳ございませんでした。
好評につき「死と生のワークショップ」は
再度の開催を検討しております。(日時未定)

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールレッスン(気づきの場) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»