第7回フルリールカレッジ「大人のADHDと関わり方講座」開催します!

2017/05/24 23:08 

残席僅少となりました!(5月23日) 

第5回フルリールカレッジでは
発達障害にお詳しく豊富な臨床経験をお持ちの
ハートクリニック横浜 院長 柏 淳(かしわ あつし)先生
をお招きして
「アスペルガー症候群とパートナーとしての関わり方」について
ご講義をいただきました。



「わかりやすかった!」
との声とあわせて
「ADHDについても聴きたい」
とのご要望が多く寄せられました。



そこで
第7回フルリールカレッジでは
「知りたい!大人のADHDとその関わり方~パートナーの視点を中心に」
と題し、再度
ハートクリニック横浜 院長 柏 淳先生
をお招きいたします。



大変ご多忙の先生ですが、快く受けてくださりました。



フルリールカレッジのウリである
「質疑応答の時間が長い」



こちらに関しても前回同様
先生のご了承をいただいております。



ADHD(注意欠陥・多動性障害)とアスペルガー症候群は
どちらも「発達障害」ですが、
それぞれ主症状が異なり、それによって関わり方も異なります。

パートナーに「多動性」「不注意」「衝動性」がある。

・落ち着きがない
・計画性がない
・忘れ物が多い
・ミスが多い
・思いついたら状況を考えずすぐに行動してしまう
・人の話をさえぎり喋る
・整理整頓が苦手。やりっぱなし
・怒り出すとはげしい。手が出たりする

そのようなパートナーの行動にお悩みの方
どのように関われば良いのか模索されている方



ADHDまたはその傾向があるご家族をお持ちの方
職場の上司、同僚、部下にいる方



是非お申し込みください!



もちろん
ご本人がADHDの方もご参加いただけます。

◆日時
平成29年7月2日(日) 14時から16時
受付13:15~

◆会場
かながわ県民センター 2階 ホール
※横浜駅徒歩5分
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html

◆ご参加いただける方
◇発達障害(未診断含む)のパートナーをお持ちの方
◇ご家族、周囲に発達障害(未診断含む)の方がいらっしゃる方
◇ご本人が発達障害(未診断含む)の方
◇今回の講演テーマに関心をお持ちの方

◆募集人員
100人(ご入金が確認できた方からの先着順)

◆受講料
一般 1500円
フルリールクラブ会員 1000円

◆講師 
ハートクリニック横浜 院長 柏 淳(かしわ あつし)先生
<プロフール>
■1988年東京大学医学部医学科卒業。
東大病院(精神神経科)、国立精神神経センター、米国ソーク研究所、滋賀医科大学精神科神経科病棟医長、東京医科歯科大学精神科講師を経て、2009年から現職。
■テレビ出演:「ザ!世界仰天ニュース」(2015年12月9日)
■発達障害を含む精神科臨床の経験が豊富で幅広い見識を持つ医師として広く知られている。

◆お申し込み方法
以下フォームより送信してください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0a28dfc5495205
お申込みフォームが利用できない方、お問い合わせは↓
フルリール事務局:fleurir.since2014@gmail.com
☆メールでお返事を差し上げます。

◆当会から受講可能・入金先のご案内が届いた方は7日以内に受講料をお振込みください。  
※欠席されても受講料は返金いたしません。

◆受講料のお振込みが確認できましたら受講決定のメールを差し上げます。
☆フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで3日間ほどお時間を要することをご了解ください。

◆お返事を差し上げた際、エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。
「fleurir.since2014@gmail.com 」からのメールが受信できるよう設定していただければと存じます。

当日会場でお会いしましょう!


スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールカレッジ | Top ▲

第6回フルリールカレッジ受講料からの寄附報告

2016/09/14 21:41 

7月16日に開催した
上野千鶴子先生をお招きした「第6回フルリールカレッジ」



皆さまとのお約束どおり
受講された方の受講料のうち100円を
熊本地震義援金として熊本県に寄附いたしましたのでここに報告いたします。





受講された方は200名
合計20,000円となりました。



4月の熊本地震発生から今日で5カ月を迎えましたが、今も約500人が避難所での生活を余儀なくされています。



被災地の復興を祈って。



真行結子の祈りにご賛同くださった皆さま、ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールカレッジ | Top ▲

フルリール大人カフェスペシャル企画!!

2016/07/18 23:00 

定員に達しました!
キャンセル待ち受付いたしております。

参加ご希望の方が多い場合は追加開催を検討しますので、
その旨リクエストのメールをお送りください



上野千鶴子先生をお招きしての
フルリールカレッジ開催いたしました!

サイト用7月16日カレッジ写真

受講された皆さま。
心の中に様々な思いがわきあがってきたのではと思います。
「まさしくそう!」「そうは言っても…」「みんなはどう感じたの?」などなど。



皆さまの要望にお応えし開催します!
フルリール大人カフェ スペシャル企画!!

真行結子&みんなで語ろう!
「いっしょにいてもおひとりさま」
〜第6回カレッジをふりかえって〜


対談の中で上野先生がご紹介された冊子は既に真行が購入しておりますので
当日コピーを配布予定です。

◇日時
7月28日(木)
14時から16時 受付13時45分~
◇定員
8名
◇会場
かながわ県民センター
※横浜駅徒歩5分
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html

◆お申し込み、お問合せは
件名「7月28日大人カフェスペシャル企画申込」として
1ハンドル(ニック)ネーム
2メールアドレス
3電話番号(中止等の緊急時連絡用ですのでなるべくお知らせください。)
をご記入の上お申し込みください。

◆お申し込みいただける方
第6回フルリールカレッジにご参加されたフルリールクラブ会員の方
☆あたたかく安心安全な場にするために通常のカフェと同様のルールをお守りいただきます。
お読みくださり同意いただける方のみお申し込みくださいね(^^)
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

◆参加費  500円
※活動を充実させるための資金に充てさせていただきます。
※お気持ちによる寄附も承っております。
※当日お支払いください。

◆必要な方はお飲物や軽食をお持ちください。

◆申込専用アドレス
「フルリール事務局」fleurir.since2014@gmail.com
☆メールでお返事を差し上げます。
フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで5日間ほどお時間を要することをご了解ください。

◆お返事を差し上げた際、エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。
「fleurir.since2014@gmail.com 」からのメールが受信できるよう設定していただければと存じます。

◆当日はお申し込みいただいたハンドル(ニック)ネームで受付いたします。

◆真行結子が笑顔でお待ちしております。
会場でお会いしましょう!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールカレッジ | Top ▲

第6回フルリールカレッジは上野千鶴子先生をお招きします!

2016/05/30 23:00 

満員御礼!(6月30日)
キャンセル待ちご希望の方は
件名「【キャンセル待ち】7月16日カレッジ」としてメールにてお申込みください。
 


残席僅少となりました!(6月25日) 

★受付開始日★
フルリールクラブ会員 5月24日(火)9時から
一般 6月1日(水)9時から


「いっしょにいるけれども、ひとり」
そんな感覚を抱くパートナーとの関係に悩んでいませんか?
パートナーとの老後を含めた将来に迷いはありませんか?

カサンドラ症候群を
医学的、心理学的な面のみから捉えていても十分ではなく
社会制度やジェンダー、
そして、自分が主体となる人生を歩むという視点が不可欠であると常々考えておりました。

そこで、第6回フルリールカレッジでは
わたくし真行結子(モモ)が大ファンである
「みんな「おひとりさま」」等の著者であり著名な社会学者の上野千鶴子先生を講師にお迎えし

上野写真(清水梅子撮影)サイト用

いっしょにいてもおひとりさま
上野千鶴子先生と語ろう!
発達障害?かもしれないパートナーとのこれから


と題し
☆「いっしょにいるけれども、ひとり」の現実にどのように向き合うのか
☆「発達障害(未診断も含む)パートナーとのこれから」をどのように選択するのか
などについて、真行結子とざっくばらんに語っていただきます。
お悩み相談&質問タイムもあり!
これからの生き方のヒントを探しに来ませんか?
男性の参加も大歓迎です!

◆日時
平成28年7月16日(土) 14時から16時
(開場13:30)

◆会場
横浜情報文化センター 6階 情文ホール
・みなとみらい線日本大通り駅3番出口徒歩0分
・JR関内駅南口徒歩10分
・市営地下鉄関内駅1番出口徒歩10分

◆定員
150人(ご入金が確認できた方からの先着順)
・発達障害(診断・未診断を問いません)のパートナーをお持ちの方
・今回の講演テーマに関心をお持ちの方

◆プログラム
第1部「みんなおひとりさま?」 
〜上野千鶴子先生×真行結子(フルリール代表)トーク対談
第2部「先生!私たちカサンドラ妻!悩んでいます!」
〜参加者からのお悩み相談&質問タイム 

◆上野千鶴子氏プロフィール  
■1948年富山県生まれ 社会学者
東京大学名誉教授・立命館大学特別招聘教授・ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長
専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり。近年は福祉・介護の分野でも提言を行い、学術研究にとどまらず、市民運動にも主導的に関わる。
■著書:『おひとりさまの最期』(朝日新聞出版)、『おひとりさまの老後』『男おひとりさま道』(法研)、『ひとりの午後に』(NHK出版)、『女は後半からがおもしろい』(坂東眞理子氏と共著、潮出版)ほか多数。

◆受講料
一般 1500円
フルリールクラブ会員 1000円 
※受講料のうち100円を熊本震災復興支援財団に寄付します。

◆お申し込み方法
件名「7月16日フルリールカレッジ申込」として(会員の方は【会員】とお書き添えください)
1お名前(ハンドル(ニック)ネーム可)
※お申し込み名が振込依頼主名と相違する場合は両方
2メールアドレス
3電話番号(中止等の緊急時連絡用に使用します)
をご記入の上お申し込みください。
※個人情報は受講連絡及び入金確認として使わせていただきます。

★受付開始日★
フルリールクラブ会員 5月24日(火)9時から
一般 6月1日(水)9時から

◆申込専用アドレス
「フルリール事務局」 fleurir.since2014@gmail.com

◆当会から受講可能・入金先のご案内が届いた方は3日以内(金融機関休業日を除く)に受講料をお振込みください。  
※欠席されても受講料は返金いたしません。

◆受講料のお振込みが確認できましたら受講決定のメールを差し上げます。
☆フルリールは代表真行結子及びスタッフとも無償ボランティアで活動をしております。
仕事や育児などのかたわらフルリール活動を行っているため、迅速なお返事ができない場合が多く、返信まで3日間ほどお時間を要することをご了解ください。

◆お返事を差し上げた際、エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。
「fleurir.since2014@gmail.com 」からのメールが受信できるよう設定していただければと存じます。

◆後援
神奈川県社会福祉協議会

★「フルリール」は発達障害(アスペルガー症候群・ADHDなど)のパートナーを持つ方々へ
「癒し」「回復」「学び」の場を提供しています★

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールカレッジ | Top ▲

第5回フルリールカレッジ「大人の発達障害の診断方法とその関わり方」報告

2016/05/07 16:16 

5月1日に開催された第5回フルリールカレッジ
ハートクリニック横浜 院長 柏 敦先生を講師にお迎えして
「大人の発達障害の診断方法とその関わり方」をテーマに
ご講演いただきました。

016d0f7ee1f7c9c75166f7854e146c974cf1ec6033.jpg

柏先生は、ところどころにユーモアを交え
わかりやすく解説してくださいました。



当日は当初の定員100名をはるかに超えた
195名の方がご参加くださいました。



お約束どおりおひとりさまの受講料のうち100円。
195名分19500円を
東日本大震災復興支援財団に寄附いたしました。
領収書が届きましたらあらためてご報告させていただきます。



カサンドラ症候群にお悩みの方のほか
発達障害当事者の方
また、カップルでご参加の方もいらっしゃいました。



ご参加者様の声を一部紹介いたします。

・柏先生のお話しがわかりやすい、ヒントになった
・発達障害への理解が深まり、夫理解にもつながった
・対応の参考になった
・こころの持ち方の参考になった
・遠方からだったが参加して本当に良かった
・もっと早くこのような講演会に参加できていたら人生変わっていたと思う
・あたたかい講演会だった
・「翻訳者」という視点が参考になった

発達障害者と定型発達者とは見え方や捉え方違うため
定型側が一緒に特性をみつめ「翻訳者」としての役割を果たすこと。
そのようなお話しも先生からありました。

・事前質問にすべて答えてくれたことが良かった
・会場質問にも丁寧に答えてくれて良かった

今回も参加者様から事前の質問を受け付けましたが
柏先生はそのすべてにお答えくださいました。
また、時間を延長して会場からの質問にも対応してくださいました。

・これだけ頑張っているのだからもうこれ以上「翻訳者」はきつい
・夫への具体的対応策をもっと話してもらいたかった

これ以上「翻訳者」はきつい・・・そのお気持ち、痛いほどわかります。
皆さん、既に頑張っていらっしゃる。
重いものを担ってらっしゃる。

具体的対応策をお知りになりたいお気持ちもわかります。
神奈川県発達障害支援センターの心理士を講師に迎えた
第3回フルリールカレッジでも同様なご意見がありましたが
対応策と言っても、ケースひとつひとつに個別性が高く
簡単には導き出せないという心理士の方のお話しがありました。

カサンドラの方々が置かれている状況が厳しいものだと
自分の体験を含めあらためて感じた次第です。

・夫と離婚を含め距離を置いて良いのだと思えてほっとした

そうですとも。
距離を置くこと=悪いこと
と捉えている方が少なくない。
かつての私もそうでした。
「距離を置きたい」と感じるご自身のお気持ちは尊重しましょうよ。
自分のお気持ちを大切にするところから
カサンドラの回復が始まります。

・ADHDの話しが聞きたかった

柏先生はアスペルガーについて丁寧にご解説されたいとの思いがあったようで
講演の最初に、ADHDについては時間が足りないため今回はお話しする時間がない旨お断りがありました。

こちらにつきましては
第2弾としてADHDに特化したお話しをいただくよう
柏先生とお約束いたしましたので
今後、フルリールカレッジとして開催する予定です。



ご参加くださった皆さま
おつかれさまでした。
そして、ありがとうございました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

フルリールカレッジ | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»