FC2ブログ

自助グループ支援打ち切り!理由は・・・

2020/03/29 20:36 

男女共同参画センター横浜南(フォーラム南太田)から
令和2年度は
カサンドラの皆さんの語り合いの場「フルリールカフェ」への
支援を打ち切る

旨の通知が3月6日に届きました。



フルリールではこの決定について、衝撃を受けております。



フルリールは2018年度から、
男女共同参画センター横浜南(フォーラム南太田)の自助グループ支援を受け、
活動を行ってまいりました。



受けている主な支援の内容及び効果としては以下の①~④となります。

<支援内容>
①自助ミーティングのためのスペースの無料提供
②ロッカーの利用
③横浜市男女共同参画センターにおける広報媒体での紹介
④保育


<支援による効果>
①定期的なスペース(部屋)の提供は、継続的な活動の助けになる。
②ミーティング実施に必要な物品を毎回持参する労力が軽減される。
③ひとりで悩んでいる多くのカサンドラの方に、「仲間」とつながることができる場があることの周知に効果的である。
④育児中の方がミーティングに参加しやすくなる。




当会ミーティング(名称:フルリールカフェ)は、
フォーラム南太田が想定している定員(15名程度)を上回る人数の方々が、
毎回参加をご希望されています。



フォーラム南太田が無料提供する部屋(ミーティングルーム)の定員を超えますが、
当会としては定員を超える参加希望者を門前払いにはしたくないため、
フォーラム南太田が無料提供する部屋ではなく、
フォーラム南太田館内の別の部屋(定員数30名程度・有料)の利用申し込みを毎月行い、
使用料を払い、
ミーティングを開催してまいりました。
(フォーラム南太田と協議済み)



「①自助ミーティングのためのスペースの無料提供」は受けておりませんが、
②~④の支援を受けることで、充実した活動を行うことができていると感じていました。
③については、フォーラムのサイトやリーフレットをご覧になり、ミーティングに参加された方も多数おられます。
特に、
④については、お子さんを託せる人がいない親たちの大きな助けとなっていました。



ところが、
2020年度は支援を打ち切る旨の通知が、
フォーラム南太田から届きました。




通知には、
「貴グループの活発な活動の結果として希望される部屋の規模に比して、当センターの提供できるスペース、資源には限界がある」との理由が記載されていました。



つまり、フォーラム南太田は
「①自助ミーティングのためのスペースの無料提供」を行えないことを理由に、
②~④の支援も打ち切る判断をしたのです。



 「ミーティングスペース提供」のみが「自助グループ支援」ではない
とフルリールは考えます。



フォーラム南太田の経営母体である、
公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会の2019年度事業計画には、
「⑤自助グループ支援 同じ悩みを抱える当事者による支えあいと体験知を活かす自助グループを公募し、
3館でミーティングスペースや一時保育を提供します。
安心してミーティングができる環境をつくり、活動を支援します。」
とあります。



 フォーラム南太田の今回の支援打ち切りの決定を受けて、フルリールの活動は以下のとおり後退せざるを得なくなります。

1 保育の利用ができなくなるため、お子さんを託せる人がいない親はミーティングへの参加が困難になる。
2 ひとりで悩んでいる多くのカサンドラの方に、「仲間」とつながることができる場があることの周知ツールの減少。
3 必要な物品を毎回スタッフが自宅から持参することになる。



フルリールは、「①自助ミーティングのためのスペースの無料提供」を行えないことを理由に、
<支援内容>②~④の支援も打ち切るフォーラム南太田の判断を大変遺憾に思います。



発達障害への社会における理解が徐々に進むなか、
その家族への支援の必要性も叫ばれているところですが、
家庭の中の困難は外からは見えにくいため支援が届かず、
また、支援機関や自助グループ等の存在を知らず、ひとり悩みを抱え苦しんでいる当事者家族が多く存在します。



孤立していた結果追い込まれいた方々が、
フルリールにつながり、
癒され、気づきを得て、回復の糸口を見出していく姿を、多く目にしてまいりました。



フォーラム南太田における保育が利用できることから
フルリールにつながった方もいらっしゃいました。

フォーラム南太田のサイトやリーフレットの「自助グループ一覧」
をご覧になり
フルリールにつながった方もいらっしゃいました。



令和2年度からは、悩んでいるカサンドラの方々にとって、
このような機会は失われることになります。



皆様はどう思われますか?
ご意見・ご感想をお寄せください。
fleurir.since2014@gmail.com



現在、フルリールでは、
フォーラム南太田の経営母体である、
公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会に対し、
今回のフォーラム南太田の判断についての
フルリールの考えをまとめた意見書を
3月23日付で送りました。


公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会からの回答がありましたら、
このサイトで皆様にお伝えいたします。

スポンサーサイト



テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

ご連絡 | Top ▲

【重要】メールがエラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます!

2014/10/09 11:00 

「ご連絡フォーム」にてご連絡くださっている方
「fleurir.kanagawa@gmail.com」あてにメールでご連絡くださっている方


お返事を差し上げておりますが、
エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。



「フルリール@かながわ」からのお返事が届かない方
(3日以内にお返事を差し上げるようにしております。)
お手数おかけしますが、
お返事が届かない旨
fleurir.kanagawa@gmail.comあてご連絡いただけませんでしょうか
また
fleurir.kanagawa@gmail.comからのメールを受信できるよう
設定していただければと存じます。


つながってくださったご縁を大切にしたいと思っております☆

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

ご連絡 | Top ▲

重要!ご連絡くださっている皆さまへ

2014/09/16 23:30 

「ご連絡フォーム」にてご連絡くださっている方
「fleurir.kanagawa@gmail.com」あてにメールでご連絡くださっている方



お返事を差し上げておりますが、
エラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。




「フルリール@かながわ」からのお返事が届かない方
(3日以内にお返事を差し上げるようにしております。)
お手数おかけしますが、
お返事が届かない旨
fleurir.kanagawa@gmail.comあてご連絡いただけませんでしょうか
また
fleurir.kanagawa@gmail.comからのメールを受信できるよう
設定していただければと存じます。



つながってくださったご縁を大切にしたいと思っております☆

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

ご連絡 | Top ▲

コメントお寄せくださっている皆さまへ

2014/09/02 20:00 

「フルリール@かながわ」代表momoです。



「フルリール@かながわ」及び
代表momoのブログ
http://fleurirmomo.blog.fc2.com/
へのコメントは、拍手コメントで書き込みができます。



わたくしは仕事を持っており
コメントを頂いても迅速にお返事ができない可能性が高いため
皆さまにご迷惑をかけてしまうことを懸念して
通常のコメントは受け付けておりません。



ただし
つたないブログ記事に拍手をしてくださった方からの
コメントは受け付けることにしようと拍手コメントは設定しております。



多くの皆さまから
心あたたまるコメントを頂いておりますことを感謝いたします。



お礼のコメントをお返ししておりますが、
FC2ブログの機能に不慣れなもので
そのコメントが表示されているのかわかりません。
コメントをお寄せくださった方
ご覧いただけていますか?



またお寄せいただいたコメントの中には、
お礼が書き込めないものがあります。
感謝のお返事を差し上げたいと思っているのですが
叶いません。



感想やご質問などありましたら
お気軽にフォームメールもしくは当会メールアドレスまで
fleurir.kanagawa@gmail.com
ご連絡いただけると確実です。
お時間はかかるかもしれませんが
かならずお返事差し上げます。



この場を借りまして、お礼とお願いを申し上げました。



皆さま、
本当にありがとうございます☆

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

ご連絡 | Top ▲

 | Blog Top |